四十肩・五十肩の改善

こんにちは! 

鵠沼海岸 パーソナルジム 
ハートボディトレーナーの篠木です!


今回は四十肩、五十肩についてお話していきます!

YouTube版はこちら↓

藤沢鵠沼海岸パーソナルジム ハートボディ

年齢とともに体の動きは段々と悪くなっていくというのは誰もが知っていることですし、実感していることだと思います。その動きの不調としてよく言われている一つが四十肩・五十肩になります。

今回はこの四十肩・五十肩を改善するために、もしくはそうならないための予防法についてお話していきます。

まず初めに四十肩、五十肩とは何なのか。

四十肩・五十肩とは

この二つはよく分けて使われていることもありますが症状は同じです。元は五十代に多くみられていたので五十肩と呼ばれていましたが、四十代でもみられるようになり四十肩とも呼ばれるようになりました。

四十肩、五十肩というのは俗称であり、正式には肩関節周囲炎と呼ばれる肩関節に炎症を起こす病気のことを言います。

症状

・髪を洗ったり、服を着たりする時に痛み感じる

・肩が上がりづらくなってきた

・夜中に肩が痛む 

などがあります。

他にもたくさん痛みを感じるときはありますが、基本的に肩を水平以上に持っていくような時に痛みを感じやすいです。

原因

原因は老化や使いすぎで筋肉や腱の柔軟性が失われ、それにより炎症を引き起こしてしまうと言われていますが、実際のところ原因ははっきりとは解明されていません。

肩こりとの違い

よく肩こりと四十肩、五十肩を同じように捉えてしまう方がいますがそこには大きな違いがあります。

四十肩、五十肩は先ほどもお話したように肩関節に炎症を起すことを言いますが、肩こりは筋肉の緊張やこわばりによって起こるものであり、症状は重さやだるさ、時には痛みを引き起こすことを言います。

夜間痛

四十肩、五十肩で夜寝ているときに痛みを発症する夜間痛というものがあります。これは眠りを妨げる大きな要因にもなりますしとてもやっかいなものです。

この夜間痛が起きるのは寝ている時に肩に負担がかかっているためです。

痛い方の腕の下にクッションなど置き、肩が自然の状態で寝られるようにすることや痛い方を上にして抱き枕などを使い横向きで寝ることを意識すると比較的肩に負担をかけずに寝られます。

四十肩・五十肩 時期的特徴

第一次期

この時期は一番痛みが強い時期であり、肩を中心に動かすときも動かさないときも痛みを感じることがあります。先ほども出てきた夜の痛みもこの時期に出やすくなっています。

第二次期

第一次期に比べ痛みは治まってくるが動かした時につっぱり感があったり、関節が硬くなることで可動域が狭まり、動かしづらさが出てくる。

この時期に少しずつ肩周りを動かしていくことが大切です!

第三次期

痛みが引いてきて動かしても痛みはあまり感じなくなる、第二次期にストレッチなどしておくと動きも戻ってきます。

四十肩・五十肩の改善(予防)法

原因が老化や柔軟性と言われているため、程よく肩周りを使いながら柔軟性を上げていく必要があります。

しかし、あまり痛む時に無理に肩を使うのは良くないのでまずはストレッチやお風呂で肩を温めながら血流を良くして上げることから始めてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA