炭水化物とは??(砂糖・果糖編)

藤沢鵠沼海岸パーソナルジムハートボディ


皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー
岩崎滉矢です。

パーソナルトレーナー岩崎滉矢|藤沢鵠沼海岸パーソナルトレーニング・ダイエットジム

今回はお菓子や果物などの甘いものが好きな方へ向けた内容になってます!

ダイエット・減量するときに甘いものを食べて良いのか?
それとも食べないほうがいいのか?
気になる方、多いと思います。

甘いものに含まれている砂糖・果糖について知っていきましょう!!

~砂糖・果糖について~

まずは砂糖・果糖とはそもそもどういったものなのか?について
学んでいきましょう!

〈砂糖〉
甘みを持つ調味料(甘味料)
物質としては糖の結晶で、調理時に多用される白い砂糖の
主成分はスクロース(Sucrose, ショ糖)といわれています。

スクロースはブドウ糖と果糖の両方で構成され
サトウキビやテンサイを原料に生産されます。

〈果糖〉
果糖(かとう)はフルクトース (fructose)といわれています。
水溶性の白色の結晶であり、全ての糖の中で最も多く水に溶けると
されています。フルクトースは、ハチミツ、木に成る果実やベリー類、メロン、ある種の根菜に多く含まれています。

~砂糖・果糖の摂取について~

砂糖・果糖について基本的な内容を学んだ次は
砂糖・果糖の摂取が身体に与える影響を学んでいきましょう。
簡単にまとめてみました。

砂糖の主成分であるショ糖は糖類の中で虫歯のリスクを
最も高めるとされていてWHO/FAOで虫歯との関連が指摘されてます。
さらに、砂糖の多い食品は肥満との関連もあるといわれています。

果物に含まれる果糖は中性脂肪を増やす効果が高いので
生活習慣病予防を考えると摂取のし過ぎは注意が必要です。

以上のことから砂糖・果糖の摂取は少し気を使ったほうがいいと思われます。

しかし、甘いものが好きな方からしてみたら
甘いものを控えるというのは辛いことだと思います。

そんな皆さんへ一つだけ朗報!
甘いものを食べるときは一日の総カロリーの10%に抑えてあげれば
食べてもいいといわれています。

男女の平均摂取カロリーを参考に簡単に計算してみました。

男性は一日平均 2,250Kcalなので225Kcal
女性は一日平均 1,750Kcalなので175Kcal
となります。

以上のカロリーを参考に皆さんがコンビニなどでも
分かりやすく購入できるようお菓子やスイーツを選んで
リストアップしてみました!

・杏仁豆腐
・きなこ餅
・直火焼プリン
・0Kcal ゼリー

次回は炭水化物とは??最終編で
今までお伝えしてきたことをまとめますので
お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA