糖質制限しすぎるな!糖質代謝を理解してダイエットを加速させよう!

こんにちは!

前回は“脂質代謝”ついてお話ししました。

前回の【脂質代謝】についての記事はこちらから!

今回は“糖質代謝”についてお話ししていきます!

YouTube版はこちら↓

糖質とは?

タンパク質 藤沢鵠沼海岸パーソナルジム

糖質は「体を動かす主要なエネルギー源」となる栄養素です。

他にも体内の各組織の原材料となる機能もありますが、ここでは「エネルギー源となる」とだけ知っておきましょう。

脳のエネルギーともなり、人間にとって最も重要でシンプルな形のエネルギー源となっています。

摂りすぎると脂肪を合成してしまうこともあり、敬遠されがちです。最近では、糖質を制限するのが良しとされています。

ただ、人間の体は糖質ありきでできています。糖質とうまく付き合っていくために、糖質について知っていきましょう!

糖質代謝のメカニズム

メカニズム

糖質は以下の流れで代謝されます。

1. 摂取された糖質は消化・吸収され全身へ

2. インスリンの働きで各細胞に取り込まれる

3. 細胞内で利用される

非常にシンプルです。以下で詳しく説明していきます。

1. 摂取された糖質は消化・吸収され全身へ

米やパンなどに含まれるデンプンは消化され、グルコース(ブドウ糖)となります。これは小腸から吸収され血液中に入り、全身に運ばれます。この時血中にあるグルコースのことを「血糖」と呼ばれます。

2. インスリンの働きで各細胞に取り込まれる

血糖値が上がると、インスリンというホルモンが働きます。インスリンは血糖値を下げるとしてよく知られていますね!インスリンはGULT4という「糖の運び屋」を細胞膜(細胞の入り口)まで呼び寄せ、細胞に吸収させます。

3. 細胞内で利用される

インスリンによって細胞内に入ったグルコースは様々な形で利用されます。今回はエネルギーとなるパターンと貯蔵されるパターンについて説明します。

3-1. 細胞内での様々な反応を経てエネルギーとなる

このグルコースを材料として、細胞内(細胞質やミトコンドリア)で解糖系・クエン酸回路・電子伝達系という反応によってエネルギーを生み出します。また、後ほど説明するグリコーゲンもこの反応に使われます。

3-2. 筋肉や肝臓に貯蔵される

グルコースは非常事態に備えて筋肉や肝臓で「グリコーゲン」として蓄えられます。肝臓に蓄えられたグリコーゲンは血糖値を安定させます。筋肉中のグリコーゲンは先ほどの反応に深く関与し、運動時などによく使われます!

糖質をうまく使うために必要な栄養素

野菜ビタミン

ビタミンB群

前回の脂質代謝でも出てきました、ビタミンB。特にビタミンB1は、糖質がエネルギーに変わる際に必要となります。

穀物の胚芽に多く含まれているため、玄米、雑穀や全粒粉パンなどを摂取することをオススメします。また、豚肉や豆類などにも多く含まれています!

以下のサプリはビタミンB1だけでなくB2やナイアシンなども含まれているためオススメです!

αリポ酸

糖質を代謝する上でインスリンは非常に大切です。そのインスリンの反応を高めるのがαリポ酸です。

ミトコンドリアの機能を高めたり、インスリンの働きを悪くする物質(ケメリン)の分泌を減らしたり、インスリンに良い効果をもたらします。

シナモン

スパイスの一種であるシナモン。これもインスリンの反応を高めます。

シナモンに含まれる成分(cinnamaldehyde)がGULT4(糖の運び屋)を呼び寄せる作用があるとされています。

シナモンはサプリメントとして摂る必要はなく、1日小さじ一杯ほどで効果があるようです。

まとめ

今回は糖質代謝についてお話しました!

いくら摂取カロリーを少なくして消費カロリーを多くしても、糖質とうまく付き合えていないと痩せにくかったりします。

ぜひカロリーだけではなく、こういった細かい部分も気をつけてみてはいかがでしょうか?

前回の【脂質代謝】についての記事はこちらから!

【15kg痩せたダイエット法↓】

【無料カウンセリングはこちらから!】

https://heart-body.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA