【コラーゲン食品】美容効果はあるのか?ないのか?

皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー 岩崎滉矢です。

今回はコラーゲン食品の美容効果の真偽についてまとめました!
加齢と共に肌のことが気になってきた方や

美肌を目指したい方は必見の内容ですよ!!

コラーゲンとは??

コラーゲンタンパク質の一種で
体内のタンパク質の約30%(3kg)を占めています。

多く存在する場所は、皮膚・腱・靭帯・骨・軟骨・血管壁などです。
細胞外にあり、繊維や膜の構造で存在しています。

皮膚のコラーゲン

皮膚の約70%コラーゲンであり
皮膚の弾力性や強度(ハリ)を維持するのに役立っています。

体内のコラーゲンは加齢ともに減少し
皮膚のコラーゲンは1年で約1%減少する
といわれています。

コラーゲンの種類

コラーゲンは28種類あり、そのうち主なコラーゲンはⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型になります。
体内では以下の部分にあり、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ型が全コラーゲンの80〜90%を占めています。

Ⅰ型…真皮・骨・靭帯・腱など
Ⅱ型…関節軟骨など
Ⅲ型…筋肉・臓器・動脈など


コラーゲン食品は意味があるのか?

コラーゲン食品やサプリメントを摂っても
それがそのまま体内コラーゲンとして利用されることはありません。

体内に入ったコラーゲンはまずペプチドに分解され
その後にアミノ酸まで分解されます。

以前までは、体内に入った多くのコラーゲン
アミノ酸まで分解されるといわれていましたが
最近では全てがアミノ酸まで分解されるのではなく
多くがペプチドまでの分解で吸収される
といわれています。

今回の要である美容効果については
このペプチドまでの分解で吸収されるということが
とても大切になってきます。

コラーゲンの吸収

コラーゲンの主なアミノ酸組成は
グリシン・ヒドロキシプリン・プロリン・ヒドロキシリジンなどです。

特に青字になってる成分は体内でのコラーゲン合成を高めるとされているので
とても大切な成分になってきます。

体内に入ったコラーゲンアミノ酸まで分解されると
コラーゲン合成を高めてくれる成分(美容成分)の一つである
ヒドロキシプリンが排出されてしまいます。

なので、以前まではコラーゲン食品を摂っても
美容効果がある成分”ヒドロキシプリン”が排出されてしまう為
摂っても意味がないといわれてきました。

ですが、先述したとおり
最近の研究で体内に入ったコラーゲンペプチドまでの分解で吸収されます。

その為、美容効果がある成分のヒドロキシプリンが排出されずに
吸収されるので美容効果は高くなるとされています。

コラーゲン食品の効果について

コラーゲンサプリメント1日1〜10g摂取すると
肌コラーゲン量の上昇、シワの減少、肌の弾力性と水分保持の改善がみられたという研究結果があります。

また、中年女性114人を対象にした研究では
コラーゲンペプチド1日2.5g8週間摂取すると
シワの量が20%減少したという研究結果もあります。

コラーゲンが多く含まれている食品は??

コラーゲンが多く含まれている食品をリストにあげてみました。
是非、参考にしてみてください!!

  • 牛すじ
  • 鶏の手羽先
  • うなぎ
  • スッポン
  • フカヒレ
  • エビ

コラーゲンを合成するのに必要な栄養素

コラーゲンを体内でしっかり合成するためにも
以下の栄養素も摂るようにしましょう。

  • ビタミンC
  • プロリン
  • グリシン

体験トレーニング&無料カウンセリング実施中!!

自分史上最高のカラダを目指してみませんか??

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善
どんな目的でも皆さんの目標をサポートします!

気になる疑問や不安点は
無料カウンセリングにて何でも聞いてください!!

この記事の監修者

お問い合わせはこちら

    ハートボディ無料カウンセリングご予約フォーム

    30秒で完了!簡単3ステップ

    簡単3ステップ
    簡単3ステップ
    お名前(漢字)必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    ご希望内容必須
    実施店舗必須
    ご希望日時(第1希望)必須

    ご希望日時(第2希望)任意

    ご質問任意

    プライバシーポリシーに同意の上、[申し込む]ボタンを押してください