抗酸化成分【アスタキサンチン】の栄養について

皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー 岩崎滉矢です。

今回はサーモンなどによく含まれている抗酸化成分
【アスタキサンチン】の栄養についてまとめました!!

アスタキサンチンとは??


アスタキサンチンとはカロテノイドの一種で赤色の色素があります。
また、抗酸化作用があることも特徴です。

代表的な食品にエビカニ、サーモン、たらこなどがあげられます。


なぜアスタキサンチンを含んだ生物に海洋生物が多いのか??

それは、海の表層は紫外線が強く、活性酸素が発生しやすい過酷な環境のため
アスタキサンチンを体表に備えることで、高い抗酸化作用を発揮するため
考えられています。

豆知識として覚えてくと自慢できますよ!!

アスタキサンチンは脳にも良い??


アスタキサンチンは赤血球と結びついて
肝臓にも末梢組織にも届くといわれています。

また、アスタキサンチンは血液脳関門を通ることが出来る
数少ない抗酸化成分でもあります。

ちなみに同じ抗酸化作用をもつ成分である
ポリフェノールは肝臓には到達しにくく
脳にも届くことができない
といわれています。

アスタキサンチンとミトコンドリア


ミトコンドリアは、エネルギーを作る細胞小器官であり
酸素をつかって栄養をエネルギーに変えます。
しかし、酸素を利用するため活性酸素を発生させてしまうとされています。

活性酸素の大量発生はミトコンドリア機能の低下につながるため
免疫力低下などをおこしやすくなってしまう
ため
健康維持のためにも避けたいです。

アスタキサンチンミトコンドリア内で発生する
活性酸素を減少させ、ミトコンドリア機能の低下を抑制するとされているので
以上の事から免疫力アップ抗酸化作用があることがわかります。

アスタキサンチンの主な働きまとめ


  • 強力な抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗がん・免疫強化
  • 動脈硬化の抑制
  • シミ・シワの改善
  • 眼精疲労の軽減


その他にも、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化を抑制したりなど
アスタキサンチンには様々な働きがあることが分かります。

眼精疲労にも効果的


眼精疲労の患者39人に4週間、アスタキサンチンを6mg摂取してもらったところ
改善されたという研究結果が出ています。

なので、デスクワークで目が疲れやすい
しょぼしょぼする方はアスタキサンチンを摂ってみてもいいかもしれません。

美容効果について


女性49名に6週間、アスタキサンチンを4mg摂取してもらった研究では
皮膚の水分量やシワ、弾力性が改善されたとされています。
理由としては肌のコラーゲンが保護された為といわれています。

アスタキサンチンの摂取量


アスタキサンチンの摂取量は以下を参考にしてください。

予防目的:2〜5mg/日
治療目的:6〜15mg/日



この記事の監修者

お問い合わせはこちら

    ハートボディ無料カウンセリングご予約フォーム

    30秒で完了!簡単3ステップ

    簡単3ステップ
    簡単3ステップ
    お名前(漢字)必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    ご希望内容必須
    実施店舗必須
    ご希望日時(第1希望)必須

    ご希望日時(第2希望)任意

    ご質問任意

    プライバシーポリシーに同意の上、[申し込む]ボタンを押してください