あなたの疲れがとれない原因は副腎疲労かも??

皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー 岩崎滉矢です。

『朝起きるのが辛い』
『うつっぽい』
『甘いものが欲しくなる』

以上のお悩み、もしかしたら副腎疲労が原因かもしれません。

副腎疲労とは??


副腎疲労とは、持続的なストレスや炎症により
副腎という臓器が疲弊し、その機能が低下することをいいます。

副腎はホルモンの製造工場のため
副腎疲労になるとホルモンの分泌量が減少し
身体に様々な悪影響を及ぼします。

特に副腎の皮質から分泌されるコルチゾールという
抗ストレスホルモンが減少していきます。

副腎疲労の悪影響


ストレスが心身に大きくかかると、コルチゾールが過剰に分泌され
副腎は疲労します。

コルチゾールの過剰分泌により、コルチゾールのホルモンバランスが崩れると
免疫低下やアレルギー発症、不眠などの悪影響を招きやすくなります。

また、副腎が疲労するとアルドステロンという体液調整とミネラル補正のホルモンが
十分に分泌されないため、体内からナトリウムが排出されやすくなります
そのことによって、しょっぱいものを自然と欲しくなってしまうといわれています。

ストレスホルモン『コルチゾール』とは??


コルチゾールとは、ストレスに対して反応し
血糖や血圧、免疫の調整をはかるホルモン
です。

ストレスが続き、過剰にコルチゾールが分泌されると
正常な血糖値を必要以上にあげてしまい、インスリンの分泌を促進してしまいます。

また、コルチゾールが過剰に分泌されると
エネルギー貯蔵を促すリポタンパクリパーゼを活性化させてしまい
脂肪肝などの内臓脂肪の蓄積、腹部肥満の原因にもなります。

『コルチゾール』自体は悪くない!!


先述した内容から考えると一見、コルチゾールは悪者に見えますが
コルチゾール自体はむしろ身体にいい影響を与えてくれます。

問題なのはストレスが心身に多くかかり、過剰に分泌されることなのです。

コルチゾールの主な作用

  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • ナトリウム・カリウムのバランス維持
  • 血圧調整
  • 脱水の予防


副腎疲労にならないために
避けるべき食べ物とは??


副腎疲労にならないために、また副腎疲労を悪化させないためにも
以下の食べ物はなるべく避けるようにしましょう!

  • 精製された炭水化物
  • 小麦・乳製品
  • 砂糖・果糖ブドウ糖液糖
  • カフェイン・アルコール
  • 食品添加物

https://heart-body.net/iwasaki-oxidationfood/

副腎疲労にならないためには??


副腎疲労にならないためには、3食きちんと食べること。
さらに、軽食やおやつを加えて4〜5食にすることをオススメします。

また、炭水化物を抜くのも避けましょう!!

【オススメの食べ物】

  • 全粒穀物
  • 動物性タンパク質
  • 魚貝類
  • 植物性タンパク質
  • 豆類・ナッツ類、果実
  • オメガ3脂肪酸
  • ハーブ、山菜

https://heart-body.net/vitaminc-eiyou/

この記事の監修者

お問い合わせはこちら

    必須お名前(漢字)
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須ご希望内容
    必須実施店舗
    任意予約希望日
    任意希望時間
    任意ご質問