筋トレ後の飲酒は要注意!お酒を辞めずに筋トレ効果を出す方法とは?

みなさんはどれくらいお酒が好きですか?

これから筋トレを始めようと思っている方のなかで、お酒を完全にやめないと全く筋トレの効果出ないと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、お酒を完全にやめなくても筋トレの効果は出ます。

今回は何に気をつければ、お酒をやめずに筋トレの効果を出せるのかというお話をしていきます。

お酒を飲む頻度とタイミングを決めよう!

お酒を辞めなくても効果はでると言いましたが、やはり飲み過ぎは食生活の乱れにも繋がって筋トレの効果も感じにくくなってしまいます。

二日酔いになるくらい飲んでしまえば、次の日の朝や昼は頭痛や気持ち悪さと共に食欲もなくなってしまい、筋トレをしていても効果を感じるための必要な栄養素が十分に摂れません。

筋トレに支障が出ないようにするにはどのポイントを意識すれば良いのでしょうか。

“筋トレ前後”はお酒を控えよう!

1番気をつけるべきは筋トレ前後です。

筋トレ前にお酒を飲もうとする方はなかなかいないと思いますが、酔った状態で筋トレをすれば力が入らなかったり集中力がなかったりと非常に危険です。

また、いつもならできるような強度の筋トレもできなかったりとトレーニングの質の部分を考えても何も良いことがありません。

筋トレ前のお酒は絶対に控えましょう。

次に気をつけるべきなのは、筋トレ後です。

筋トレした後というのは、筋肉が疲労し筋肉が合成力が高まっています。

その時にお酒を飲んでしまえばアルコールによって逆に筋肉を分解しようとしてしまうのです。

アルコールが体に入るとコルチゾルというストレスホルモンが分泌されたり、テストステロンという筋肉の成長を促すホルモンの分泌を抑制してしまうので筋トレ後の飲酒もなるべく控えましょう。

お酒の頻度は週何回まで?

それではお酒の頻度は何回に抑えるのがベストなのでしょうか。

筋トレを始める前まで、毎日飲んでいた方は筋トレする日だけ飲まないと決めるだけでも、小さいかもしれませんが運動の効果を感じることができます。

なので一概に週何回以内に抑えた方がいいとは言えないです。

毎日飲んでいた方は週5回に頻度を抑えるだけでも効果を感じやすくなりますし、週5回飲んでいた方は週3回にするだけでも運動の効果は感じやすいです。

ただ気をつけなければいけないことは一度に飲む量です。

先ほども話した通り、二日酔いになってしまえばその後の食生活が乱れやすくなるのに加えアルコールによる影響も大きくなります。

なので、一度に飲む量に気をつけていただき、飲む頻度を今までよりも少しだけ減らすところから始めてみましょう。

そして、慣れてきたらもう少し頻度を減らしていくような形で変えていってみてください。

筋トレの効果を得たいならお酒の種類を気をつけよう!

お酒を飲む頻度とタイミングの次に気をつけるべきはお酒の種類です。

筋トレのことを考えた生活スタイルに変えていくという意味で最初に意識するべきはお酒の頻度やタイミングということでしたが次はお酒の種類といった面でも考えていきましょう。

お酒を飲む際にどんなお酒がマシなのでしょうか。

蒸留酒を選ぼう!

筋トレしている方にオススメなのが蒸留酒です。

蒸留酒とは、醸造酒を加熱しその蒸気を冷やして液体にするという方法で作られたお酒になります。

ウイスキーや焼酎などが蒸留酒に該当します。

蒸留酒は、書いての通り蒸留して作られているので、不純物が取り除かれていて糖質がかなり少ないのが特徴です。

糖質が高いと当然太りやすくなってしまうのでダイエット中で飲みたい方は蒸留酒をオススメします。

ただ蒸留酒はアルコール度数が高いものが多いので、ロックで飲むのは辞めておきましょう。

筋トレしている人がよく飲むお酒とは?

これは有名な話かもしれませんが、有名グループのEXILEはレモンサワーを飲んでいますよね。

筆者の周りにももちろん筋トレやっている方が多いのですが、お酒飲んでいる方の割合が結構多いです。

その中で脂肪量を気をつけている方はやはりレモンサワーやハイボールなどの蒸留酒かつ甘くないものを選択して飲んでいる印象があります。

ボディメイクコンテストに出場するような選手でもお酒好きな方は結構いるのですがコンテスト直前までお酒を飲んでいても優勝した方がいました。

なので、飲むお酒の種類やそれ以外の食生活がしっかりと出来るのであれば効果を感じることは可能だということですね。

お酒は飲まない方が筋トレの効果が出やすい!

ここまでお酒を飲みながら筋トレ効果を出すにはどうすればいいのかというお話をしてきましたが、そもそもお酒は飲まない方が筋トレの効果を最大限に発揮出来るということを覚えておきましょう。

アルコールは体にとって異物です。

お酒が筋トレに及ぼす悪影響についてしっかり理解した上でお酒と筋トレを両立させていきましょう。

お酒が筋トレに及ぼす悪影響とは?

先ほどお話した内容も含まれていますが大きく3つ分けて説明していきます。

①筋肉が減りやすくなる

お酒を飲むとストレスホルモンである“コルチゾル”が分泌されます。

コルチゾルは血糖値をあげる働きがあり、糖を作り出すために筋肉を分解してしまうのです。

筋トレをした際もコルチゾルは分泌されますがお酒を飲んでも分泌されるので筋肉分解促進している時間帯が多くなってしまいデメリットでしかありません。

②筋肉が増えにくくなる

お酒は“テストステロン”の分泌を抑制します。

テストステロンは筋肉の発達を促すホルモンです。

テストステロンは男性に多いホルモンで、性欲などにも関わっています。

筋トレだけでなく、そのような面での悪影響も理解しておきましょう。

③代謝の低下

アルコールの処理は肝臓で行われます。

大量のお酒を飲めばその分肝臓もたくさん働くので疲労します。

基礎代謝量は肝臓の関与が大きいため、アルコールにより肝臓が疲労してしまっていると1日の消費カロリーなどにも影響を及ぼしてしまうのです。

お酒は我慢できているのに痩せなくてお悩みの方は下の記事も参考にしてみてください。

痩せない問題解消!トレーナーが教える正しい食事制限と筋トレ

少量でも害があることを知っておこう

お酒は少量は飲んだ方が血液の循環も良くなって体に良いなどというお話をよく耳にしますがそんなことはありません。

お酒に含まれるアルコールは少量でも異物であることには変わりないので筋トレする上でも健康を考えた上でもお酒は飲まない方が良いということをしっかり理解しておきたいところです。

ただ、お酒を完全に断つことによってストレスが溜まりすぎたりして日常生活にも支障をきたすようであれば無理に禁酒しなくても大丈夫だと思います。

まとめ|お酒を辞めずに筋トレ効果を出す方法

今回は、お酒を辞めずに筋トレ効果を出す方法についてお話してきました。

いかがだったでしょうか。

今までお酒を辞めないと筋トレ効果が出ないと思っていた方も多いのではないでしょうか。

そのような方もぜひここでお話した内容を実践してみてください。

もし、お酒を始めとした食生活や筋トレの質の部分で不安な方はパーソナルトレーニングをオススメします。

おすすめのパーソナルトレーニングジムは「ハートボディ」です。

ハートボディは現在、神奈川県の湘南地域を中心に3店舗展開しており、確かな実績をもつパーソナルトレーナーのみが所属している、湘南地域で注目を集めているパーソナルトレーニングジムです。

  • 安心して通える全額返金保証
  • 糖質制限やファスティングなどといった「過度な食事制限」は一切ナシ!
  • きつすぎる筋トレではなく、自分に合ったトレーニングとプロのトレーナーのサポートで理想の体を目指します!

こんな人におすすめ!

  • ひとりでは運動が続かないという方
  • 食事の管理をお願いしたい
  • 程よくモチベーションを保って痩せたい
  • きつい運動は苦手
  • 変わりたいけれどどうしたらいいかわからない

トレーニングや運動初心者の方にこそ、ぜひパーソナルジムに通っていただきたいです!

トレーナーが正しい筋トレの取り組み方や、一人ひとりにあった食事などをサポートすることで、無理なく自分の体を変えることができます

無料カウンセリングを随時実施しているので、気になる方はぜひ一度お問い合わせください!

この記事の監修者

ただ筋⾁を鍛えるだけでなく、トレーニングの最中に意識するべき「呼吸」の仕⽅だったり、体の動きにも着⽬しながら、 「動きやすい身体」を⽬指します!

お問い合わせはこちら

    ハートボディ無料カウンセリングご予約フォーム

    30秒で完了!簡単3ステップ

    簡単3ステップ
    簡単3ステップ
    お名前(漢字)必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    ご希望内容必須
    実施店舗必須
    ご希望日時(第1希望)必須

    ご希望日時(第2希望)任意

    ご質問任意

    プライバシーポリシーに同意の上、[申し込む]ボタンを押してください