ストレス発散するのに筋トレが最適な理由をトレーナーが解説!

みなさんはストレス発散したい時はいつもどうしていますか?

お酒を飲んだり遊びに行ったりと人それぞれ発散する方法は違うと思います。

そのようにいろんなストレス発散法がある中で一番オススメする方法は“筋トレ”です。

今回は、なぜ筋トレがストレス発散に最適なのかということについてお話していきます!

筋トレによって自信がつく!

筋トレで自信がつくことはストレスを感じなくさせる要因の一つでもあります。

最近では筋トレを行う人が増えてきてテレビで筋トレが特集されることも多くなってきました。

皆さんの周りにもいつの間にか体つきが変わっている方がいるのではないでしょうか。

そのような方の中に性格が前向きになったなと感じる方も多いと思います。

ではなぜ、そのように自信がついてくるのでしょうか?

なぜ筋トレで自信がつくのか?

パーソナルトレーナーとして多くの方のセッションを担当している中で、自信がついたり前向きな考え方に変わっていく方をたくさん見てきました。

その全員に共通して言えることは、“変化を感じている”ことです。

皆さんも、何かを始めたことによって良いことが起こると嬉しいですよね。

筋トレは、目標を決めて達成することの繰り返しであり、その変化を体で感じやすいということが魅力です。

最初は自分だけが感じる変化でもそのうちに周りの知り合いにも言われるくらいに体の変化が起こります。

そうなってくれば、もうすでに筋トレにはまり込んでいるはずです。

「体重を60kgまで落とす!」「10kgのダンベルを持ってスクワットできるようになる!」といった自分自身が自由に決めた目標を達成することに快感を覚え、自己肯定感が増していきます。

そういった過程によりどんどんと自信がついていくのです。

ホルモンも関係している!?

筋トレをすると色々なホルモンが分泌されます。

その中に、自信がついたりストレス発散に役立つホルモンがいくつかあります。

テストステロンやドーパミン、セロトニンといったものです。

皆さんもどれか一つは聞いたことがあるのではないでしょうか。

特にテストステロンという単語は最近かなり知られていると思います。

“あらゆる問題は筋トレで解決できる!”的な内容の本が一時期話題になり、その著者の方がテストステロンという方です。

実際のテストステロンというホルモンも筋トレの効果を出す上で重要なホルモンになります。

意欲が向上し積極的な行動を引き起こしたり、闘争心が燃え上がったりと筋肉をつけていく上で非常に重要です。

ドーパミンというホルモンは快感物質であり、筋トレをした後のスッキリ感を感じさせてくれます。

セロトニンというホルモンも精神を安定させる働きがあり、筋トレによって分泌を促すことによって鬱の予防にもなる重要なホルモンです。

ストレス発散に効果的な筋トレ法!

ストレス発散のために、ただ闇雲に筋トレをしていると逆効果になる場合があります。

大事なのは筋トレによってしっかり効果を出すこととホルモン分泌をしっかりと促す筋トレをすることです。

つまり筋トレは正しく行うことで最大限にストレス発散することができるのです。

ではどういった筋トレを行えば良いのでしょうか。

何の筋トレがオススメ?

一番意識すべきことは筋肉をつけることです。

筋トレをする上で当たり前のことですが、筋肉がつくことによって体のシルエットが変わり自信がついたりモチベーションが上がります。

加えて、筋肉をつけようと高い意識で筋トレをした方がホルモン分泌も促進されます。

例えばゲームをしながら筋トレをしているとホルモン分泌のされ方も少し変わってくるので筋トレの時はしっかりと筋トレに集中した方が良いでしょう。

そして、この2つのことを考えた上でやるべきことは大きな部位を鍛えることです。

大きな部位を筋トレすることによって体が変わりやすくホルモン分泌も多くなります。

なので脚や背中や肩など大きな筋肉を鍛えることを意識してみましょう。

最適な筋トレの強度や頻度は?

まず最適な筋トレの強度は、10回でしっかりキツさを感じる強度で行いましょう。

10回という回数は筋肉を大きくさせるのに適した回数になります。

20回を超えるような筋トレは持久系の筋肉が鍛えられますが、持久系の筋肉は大きくなりづらいため体のシルエットを変えるのに非常に遠回りです。

初心者の方は自重スクワットで10回行うとキツいかもしれませんが10回フォームを崩さずに行うことができるのであれば、それは適した強度ということになります。

もし自重で10回行うことが余裕になってきたら重りを持つなどして負荷を上げていきましょう。

次に頻度については、週2回が最適な頻度と言えるでしょう。

等間隔で筋トレの日を設定することによってしっかり体を休められるので正常なホルモン分泌を保つことができます。

よっぽど筋トレに慣れている方でない限り連日行ったり週4以上行うことはオススメできません。

もう少し筋トレの頻度について詳しく知りたい方は下の記事もご覧ください。

筋トレは週何回が正解?効果の出る理想の頻度をご紹介!

有酸素運動でも効果アリ!

筋トレ以外にもストレス発散に効果的なのは有酸素運動です。

有酸素運動は、筋肉はつかないもののストレス発散にはしっかりと効果があります。

なぜ効果的かというと、セロトニンの分泌を促せられるからです。

有酸素運動でセロトニンを分泌させるには一定のリズムで20分以上続けます。

強度が高過ぎると逆に疲労が溜まりすぎて逆効果になってしまうのでしっかりと20分以上続けられる強度で行うのがオススメです。

エアロビクスやランニングなどで一定のリズムで行うことを意識してみましょう。

筋トレの疲れが溜まっている時などは心拍数を軽くあげる程度でランニングすると回復促進できるのでぜひ試してみてください。

筋トレやり過ぎると逆効果!?

筋トレはストレス発散に最適ですが、やり過ぎると逆にストレスをためてしまいます。

ストレス発散も兼ねて筋トレを行っているのであれば、元も子もありません。

そうならないためにも1週間の筋トレプランをしっかりと決めておくことが大事でしょう。

休息日をしっかりと設けよう!

筋トレには休息が必要不可欠です。

休息日をしっかりと設けることによっていくつかのメリットがあります。

まずは筋肉を大きくさせやすいということです。

筋肉は、筋トレによって大きな刺激を与えた後の休息日に回復しながら成長します。

なので連日筋トレをしても意味がないどころかケガのリスクを増やしてしまいます。

また、連日の筋トレによって精神的にも肉体的にも疲労を抱えることになり、それが大きなストレスとなってモチベーションを下げてしまします。

このようなことから休息日はしっかりと設けることが必要と言えるでしょう。

筋トレの休息日についてさらに詳しく知りたい方は下の記事もオススメです。

【超回復を活かせ】筋トレの効果をあげる休息日過ごし方とは?

まとめ|ストレス発散に筋トレが最適な理由

今回は、ストレス発散に筋トレが最適な理由についてお話してきました。

いかがだったでしょうか。

筋トレを始めてみると、ストレス解消どころか積極性なども身につくかもしれません。

筋トレ始めてみたいけどどうすればいいかさっぱり分からないという方は、パーソナルジムに通うことをオススメします。

おすすめのパーソナルトレーニングジムは「ハートボディ」です。

ハートボディは現在、神奈川県の湘南地域を中心に3店舗展開しており、確かな実績をもつパーソナルトレーナーのみが所属している、湘南地域で注目を集めているパーソナルトレーニングジムです。

  • 安心して通える全額返金保証
  • 糖質制限やファスティングなどといった「過度な食事制限」は一切ナシ!
  • きつすぎる筋トレではなく、自分に合ったトレーニングとプロのトレーナーのサポートで理想の体を目指します!

こんな人におすすめ!

  • ひとりでは運動が続かないという方
  • 食事の管理をお願いしたい
  • 程よくモチベーションを保って痩せたい
  • きつい運動は苦手
  • 変わりたいけれどどうしたらいいかわからない

トレーニングや運動初心者の方にこそ、ぜひパーソナルジムに通っていただきたいです!

トレーナーが正しい筋トレの取り組み方や、一人ひとりにあった食事などをサポートすることで、無理なく自分の体を変えることができます

無料カウンセリングを随時実施しているので、気になる方はぜひ一度お問い合わせください!

この記事の監修者

ただ筋⾁を鍛えるだけでなく、トレーニングの最中に意識するべき「呼吸」の仕⽅だったり、体の動きにも着⽬しながら、 「動きやすい身体」を⽬指します!

お問い合わせはこちら

    ハートボディ無料カウンセリングご予約フォーム

    30秒で完了!簡単3ステップ

    簡単3ステップ
    簡単3ステップ
    お名前(漢字)必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    ご希望内容必須
    実施店舗必須
    ご希望日時(第1希望)必須

    ご希望日時(第2希望)任意

    ご質問任意

    プライバシーポリシーに同意の上、[申し込む]ボタンを押してください