【短期間ダイエット】激痩せを狙う女性が陥りやすい落とし穴とは?

  1. パーソナルジム ハートボディ
  2. コラム
  3. 【短期間ダイエット】激痩せを狙う女性が陥りやすい落とし穴とは?

皆さんは短期間でダイエットしたことがありますか?

短期間ダイエットを行うきっかけとして何月何日にイベント行事があるから2週間でできる限り痩せたいという風に焦って食事制限をしたりするパターンの方が多いのでは無いでしょうか。

今回は、そのような極端な生活スタイルの変化を伴うダイエットの落とし穴についてしっかり理解しようといったお話をしていきます!

短期間ダイエットは危険!

最初に言っておくと短期間ダイエットは体に害を及ぼすのでオススメはしないダイエット方法です!

ここからは、短期間ダイエットがどういった悪影響を及ぼすのかについて詳しくお話していきたい思います。

短期間ダイエットが及ぼす悪影響とは?

短期間で体重を減らそうと思った時にまず行うことと言ったら食事量を減らすことではないでしょうか。

特に女性の方は食事量をまず極端に減らして体重を落とそうとするイメージが強いと普段トレーナーをしていて思います。

そしてその極端な食事制限に加えランニングなどの運動も取り入れて体重の激減を狙う方も割といるはずです。

果たしてそれは体にとって大丈夫なことなのでしょうか?

言わなくても分かることだと思いますが、“良くない”ことです!

極端に食事量を減らすことは極端にカロリー摂取量も減り食材の品目も減ることになります。

その超低カロリー食によって、体の代謝が落ち栄養素も十分に摂取できないため肉体的にも精神的にも疲労を抱えてしまいます

さらに、超低カロリーで落とした体重はかなり”高い確率でリバウンド”します!

リバウンドどころか体重を減らす前よりも太ってしまう可能性も十分あるので、短期間ダイエットをしようとしている方は、これらのことを十分に知っておきましょう!

どのくらいの期間を短期間ダイエットと呼ぶ?

短期間ダイエットはどのくらいの期間で行うことをいうのでしょうか?

厳密には決まっていませんが大体2週間です!

しかし2週間と言っても減らしたい体重によって、大丈夫な範囲かそうでないかが分かれます。

例えば、2週間で1kg程度であれば大丈夫です!

体重によってどのくらいまで落として大丈夫なのかという詳しい数値は後ほどお話しますのでぜひ最後までご覧ください!

こんなダイエット食は控えよう|短期間ダイエット

ダイエットではやはり食事が重要になりますが、短期間で激痩せを習った場合に陥りやすい食事パターンがあります。

ここからは、そのような絶対にやらない方がいい食事法について3つお話していきます!

間違った自己流ファスティング

ファスティングとは断食のことです。

ファスティングは本来腸内環境を良くしたりするなどデトックス的な効果を狙って行われるべきなのですが、減量目的で行っている方もちょくちょくいるイメージです。

そういった間違った目的でファスティングしている場合、そのほとんどが正しいやり方でできていない方が多いように思われます。

一般的なファスティングは

準備期間2日間 → ファスティング期間3日間 → 回復期間2日間

といったように、本番のファスティング前後には胃に負担のかからない消化に良いものを食べる期間が存在し、ファスティング期間も酵素ドリンクを飲むといったやり方で行われます。(少し違ったやり方もいくつかあります)

ファスティングを行う際は、しっかりと調べてから行いましょう!

低タンパク質な食事

ダイエットで一番のカギとなるのは タンパク質 です!

タンパク質は筋肉などの体の材料となったりビタミンなどの栄養素を運搬してくれる役割を持っています。

タンパク質が不足すると代謝が上がりにくく野菜などをしっかり食べていてもその栄養が体で上手く使われずに体に不調を及ぼす可能性も高くなります。

タンパク質は普段の食事でかなり意識しないと十分な量を摂ることができません。

どうしても普段の食事だけでは摂れないという方は プロテイン をオススメします!

女性でもプロテイン飲んで大丈夫なの?と思われる方もいるかもしれません。

そのような方はぜひコチラの記事を参考にしてみてください!

【筋トレ女性必見】プロテインの効果とおすすめプロテインを紹介!

〇〇だけダイエット

もはやこちらのダイエットは想像しただけで体に悪そうです!

例えば野菜だけしか食べないダイエットだったりプロテインしか飲まないダイエットなどがありますね。

最近ではあまり聞かなくなりましたが、この類のダイエットも当然絶対やらない方がいいです!

まず栄養が偏りすぎて必要な栄養が全く摂れなくなるデメリットが一つあります。

そして例にも出したプロテインだけダイエットは、3食のうち1食だけであれば大丈夫ですが3食全てプロテインにしてしまうのはヤバいです!

確かにタンパク質量は十分に摂れるかもしれないですがそういう問題ではありません。

1日に固形物を食べないと、代謝が落ちることや咀嚼もなくなるので頭が働かなかったり唾液の分泌が減ったりなどとどんどん悪い影響が増えていきます。

絶対にやめましょう!

ダイエットは短期間でなく地道に行おう!

ここまでお話してきたことでもう分かると思いますが、何が言いたいかというとダイエットは短期間でなく時間をかけて地道に行おうということです!

ここからは正しいダイエットについてお話するとともに、どうしても短期間で痩せたい方のためのやり方も少しご紹介しちゃいます!

1ヶ月にマイナス何kgが理想?

短期的に激痩せを狙うのはやめようというお話をしてきましたが、では1ヶ月にマイナス何kgペースであれば大丈夫なのでしょうか。

ズバリ、体重の3〜5%でしょう!

女性の方で、元々体重がそこまで重くない60kg未満くらいの方は3%くらいが妥当です。

つまり、約1.8kg!

そして体重が80kgくらいの方であれば5%ほど落としても大丈夫な範囲です。

つまり、約4kg!

しかしこの数値はアバウトなものなので、あくまでもご自身の体調を見つつ無理のない範囲でダイエットしていきましょう!

地道なダイエットでリバウンド防止

地道に無理のないペースでダイエットを行うとリバウンドしにくいといったメリットがあります!

トレーナーをやっていてよく見かけるのは、糖質制限や低カロリーなダイエットをしていてがっつり痩せられたけど辞めた瞬間に太り始めてまた元の体重に戻ってしまったという方です。

このような方は、普段の食事とダイエット中の食事に極端な差があったためにリバウンドしてしまったと思われます。

1日の総カロリーが1000以下の食事で痩せられたとしても、そのカロリーに慣れてしまっている省エネ状態でカロリーを少しずつ戻して行けば太るのは当然です。

なのでカロリーは減らしすぎず、ある程度栄養素も摂りながら時間をかけて体重を減らしていくことが大事なのです。

短期間のダイエット方法

​​ここまで短期間ダイエットは危険やデメリットも多くおすすめはしないとお話してきましたが、もう少しで結婚式が迫っているなどどうしても短期間で落とさなければならない場合もあると思います!

そんな時の最終手段がVLCDという方法です。

VLCDとは「ベリーローカロリーダイエット」のことで、本来糖尿病などの患者さんがお医者さんの管理の下で行う食事方法なので、何度も言いますがオススメはしません!

詳しくVLCDが知りたい方はこちらをご覧ください!

まとめ|短期間ダイエットの落とし穴

今回は、短期間ダイエットの落とし穴についてお話しました。

いかがだったでしょうか。

やはり短期間ではなく日々食事に少し気を使いながら地道に体重をコントロールしていくことをオススメします。

しかし、食事の細かい部分や痩せるための運動について分からない方も多くいると思います。

そんな時はパーソナルトレーニングを受けるのがオススメです!

パーソナルトレーニングを受ければ、効果的な運動だけでなく正しい食事の仕方も身につけることができるのです!

パーソナルジムと言っても色々あってどこに行ったら良いか分からないという人も多いかと思います。

おすすめのパーソナルトレーニングジムは「ハートボディ」です!

ハートボディは現在、神奈川県の湘南地域を中心に3店舗展開しており、確かな実績をもつパーソナルトレーナーのみが所属している、湘南地域で注目を集めているパーソナルトレーニングジムです。

  • 安心して通える全額返金保証
  • 糖質制限やファスティングなどといった「過度な食事制限」は一切ナシ!
  • きつすぎる筋トレではなく、自分に合ったトレーニングとプロのトレーナーのサポートで理想の体を目指します!

【こんな人におすすめ!】

  • ひとりでは運動が続かないという方
  • 食事の管理をお願いしたい
  • 程よくモチベーションを保って痩せたい
  • きつい運動は苦手
  • 変わりたいけれどどうしたらいいかわからない

トレーニングや運動初心者の方にこそ、ぜひパーソナルジムに通っていただきたいです!

トレーナーが正しい筋トレの取り組み方や、一人ひとりにあった食事などをサポートすることで、無理なく自分の体を変えることができます

無料カウンセリングを随時実施しているので、気になる方はぜひ一度お問い合わせください!

Contact ご予約フォーム

  
  • 第1希望日

  • 第2希望日

プライバシーポリシーに同意の上、[申し込む]ボタンを押してください