生理中は痩せない!?生理周期を考えた効果的なダイエット法とは?

  1. パーソナルジム ハートボディ
  2. コラム
  3. 生理中は痩せない!?生理周期を考えた効果的なダイエット法とは?

皆さんは、ダイエットが上手くいかず目標に達しないままやめてしまった経験はありませんか?

特に女性の場合、生理前に食欲が増しいつもの倍の量を食べてしまい体重が激増してしまって結局プラマイ0なんてこともあるのではないかと思います。

そのような失敗のリスクを減らすために今回は生理周期を考えた効果的なダイエット方法についてお話していきます。

生理前と生理中は痩せにくい!

生理前と生理中は体重が増えやすい時期です。

なぜ増えやすくなるのか、何に気をつければいいのかについて解説していきます!

黄体ホルモンが影響している

生理前は黄体期と呼ばれ、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が活発になります。

その結果、妊娠の準備として栄養や水分を蓄えやすくなるのです。

さらにこの時期は、心身ともに乱れを生じさせます。

例えば、ストレスや疲れが溜まりやすかったり手足の冷えやむくみが目立ったりとマイナスなことが多くなります。

よって生理前の時期からはダイエットの効果が出にくくなるので、運動の強度や食事内容をしっかり見極めながらダイエットに取り組んでいきましょう!

生理中は食事の質を意識しよう

まず生理中は極端な食事制限をしないようにしましょう。

ただでさえストレスが溜まりやすい期間でもあるので食事制限で余計なストレスを与えないようにするのがベストです。

栄養素としてタンパク質ビタミンBCあたりはしっかりとっておきたいところです。

また生理中は鉄分も不足しやすいためサプリメントを飲むのも良いと思います。

iHerbというサイトで鉄入りのマルチビタミン“ライフフォース”というサプリメントがオススメです。

タンパク質をとりつつビタミンもとってなるべく体調を崩さないように気をつけていきましょう!

ライフフォースが気になる方は ”こちら”

生理中の過度な運動は控えよう!

ここまでお話した通り、そもそも生理中は栄養や水分を蓄えようと体が働くので痩せにくいのです。

痩せにくい状態で過度に運動してもただ疲労が溜まるだけでメリットよりもデメリットの方が大きくなります。

ただ全く運動しないのではなく軽い運動を行うようにするといいです。

20分ほど軽いランニングなどを行うことで血流促進させストレス解消にも繋がります。

他にもヨガやストレッチでもいいですね。

特に骨盤周りの筋肉をよく動かしたりストレッチでほぐしたりすると生理痛を緩和させやすくもするのでおすすめです。

ぜひ試してみてください!

生理後排卵期はダイエット効果が出やすい!

ここまでのお話の通り生理前生理中は体重が落ちづらく体調も落ち込みやすい時期でしたが生理後排卵期は逆にダイエット効果が出やすくなります!

ここからはそれに伴った運動や食事の摂り方について解説していきます!

生理後は運動の頑張り時!

生理後は卵胞期から排卵期にかけて卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が増えます。

エストロゲンの分泌が増えることによって、生理中に溜め込んでしまった老廃物や水分を排出してくれるので浮腫みづらく一番ダイエット効果を感じやすい時期になります。

期間としては7〜10日間あるのでその間に少し強めの強度で筋トレをしたりすると良いでしょう!

筋トレは、スクワットなどの大きな筋肉を鍛える種目がオススメです。

大きな筋肉を鍛えた方が筋肉量が上がりやすく結果的に代謝が上がり痩せやすい体を作ることができます。

他にもランニングやヨガなど色々織り交ぜながら運動のモチベーションを上げていくのも良いですね。

食事で意識すべきこと

生理後は生理中に比べてストレスも感じにくいので運動だけでなく食事も頑張りどきです。

まず食事において気をつけたいところは、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回らないようにすることです。

つまり動いてる以上に食べたらいけないということですね。

またタンパク質を意識することで代謝が上がりやすいため、カロリーだけでなく栄養素も視野に入れる必要があります。

また、1日の総摂取カロリーは範囲内だけれど昼食のカロリーがその8割を占めているというような一度にたくさん食べてしまうパターンなどもよくありません。

まとめると、

  • ✔︎カロリー
  • ✔︎栄養素
  • ✔︎食事タイミング

の3つをしっかり意識することで最大限にダイエットの効果を得られることができるのです。

まずはこの7〜10日間だけでもこういった食事の意識ができるように頑張っていきましょう!

ダイエット中におすすめのレシピが知りたい方はこちら!

女性の過度なダイエットは危険!

ダイエット中の女性でよく見かけるのは、すでに痩せているのにさらに痩せようとしている方です。

そのような方は必ず何かしら健康に悪影響を及ぼしています。

ここからは過度なダイエットの危険性についてお話していきます。

生理が来なくなる可能性あり!

過度な運動や過度な食事制限をするととても大きなストレスを受けたり急激な体重の減少により無月経になる可能性があります。

特に未成年の方などはダイエットの知識がないままただ食事量をガツンと減らすやり方だったり、さらにひどい場合は普段の食事は減らしたけれどポテトチップスだけは食べるといった理解し難いダイエットをする方もちらほら耳にします。

また、アスリートの方たちの中では過度な運動によって無月経になってしまうことも最近では問題視されていますね。

アスリートの方達もそうですが一般人の方がそのような状態になるのはもっと問題ですね。

無月経になってしまうと、妊娠しにくくなったり妊娠できたとしても赤ちゃんに影響がでたり自身の骨密度も低下させてしまったりと悪いことしかありません

ある程度自分自身で食事や運動をコントロールできる状態にあるのであればしっかりとした食生活や運動を心がけましょう。

適正体重を知ろう!

適正体重はBMI指数を参考にしましょう!

BMIは身長と体重の数値を使って

体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

で求められます。

BMIで表される標準体重は18.5〜25の値となります。

この範囲を外れると、痩せすぎまたは肥満ということになるのです。

一応この範囲が標準体重となっておりますが、実際BMI20くらいはあった方が健康的と言えるでしょう。

ちなみに一昔前によく耳にしたシンデレラ体重はBMI18だそうです。

シンデレラ体重はあまり健康とは言えない数値ですね。

今は筋トレが流行ってきているので皆さんも筋トレして筋肉がついていて引き締まった体を目指すことをオススメします!

生理以外で女性がダイエット中に陥りやすい落とし穴が「短期間ダイエット」です!

ダイエットを成功させたい方はぜひご覧ください!

まとめ|生理周期を考えたダイエット法

今回は生理周期を考えたダイエット法についてお話しました。

いかがだったでしょうか?

体が辛い時期は無理せず運動や食事を行い、痩せやすい時にしっかり頑張るといったスイッチの切り替えが重要になってきますね。

また生理前に増えてしまった体重は浮腫みであれば生理が終わったタイミングで落ちやすいのでそんなに気にする必要がないでしょう。

日頃から良い食生活を送ってストレスにもある程度耐えられるように準備することがとても大事です。

そういった食事のコントロールが自分1人では難しいという方はぜひ一度パーソナルトレーニングを受けてみてください!

パーソナルトレーニングでは、効率的なトレーニングに加えて正しい食事についても学ぶことができます。

おすすめのパーソナルトレーニングジムは「ハートボディ」です!

自重トレーニングのみならずフリーウエイトなどのレベルの高い筋トレも行うことができるジムです。

ハートボディは現在、神奈川県の湘南地域を中心に3店舗展開しており、確かな実績をもつパーソナルトレーナーのみが所属している、湘南地域で注目を集めているパーソナルトレーニングジムです。

  • ✔︎安心して通える全額返金保証
  • ✔︎糖質制限やファスティングなどといった「過度な食事制限」は一切ナシ!
  • ✔︎自分に合ったトレーニングとプロのトレーナーのサポートで理想の体を目指します!

こんな人におすすめ!

  • ・ひとりでは運動が続かないという方
  • ・食事の管理をお願いしたい
  • ・程よくモチベーションを保って痩せたい
  • ・きつい運動は苦手
  • ・変わりたいけれどどうしたらいいかわからない

トレーニングや運動初心者の方にこそ、ぜひパーソナルジムに通っていただきたいです!

トレーナーが正しい筋トレの取り組み方や、一人ひとりにあった食事などをサポートすることで、無理なく自分の体を変えることができます

無料カウンセリングを随時実施しているので、気になる方はぜひ一度お問い合わせください!

Contact ご予約フォーム

30秒で完了!
お問い合わせフォームへ