アンチエイジングにオススメなスーパーフード【クコの実】とは??

皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー 岩崎滉矢です。

今回は強力な抗酸化作用を持つスーパーフード
『クコの実』についてまとめました!!

クコの実とは??

クコは【正式名:Lycium barbarum】といい
ゴジベリーウルフベリーと呼ばれています。

クコは果実や葉は食用に使われ
根っこは漢方薬に用いられています。


クコの実の効果とは??

  • 血圧を下げる
  • 血中コレステロール値を下げる
  • 糖尿病・肝臓疾患の予防
  • 免疫調整
  • 更年期症状の軽減
  • ガンの成長を阻害する
  • 精子増加

以上のように、クコの実にはこれだけの効果があります!!

クコの実の抗酸化作用

クコの実の一番特徴は強力な抗酸化作用があることです。

実際に身体のさび・毒素といわれる活性酸素を吸着する度合い(ORAC値)を
他の食材と比較すると、その凄さが分かります。*(以下の表に詳細)

ブロッコリー1,362クコの実25,300
アーモンド4,454クローブ13,102
リンゴ3,082大豆5,764
アボカド1,993キャベツ2,252
ほうれん草1,515緑茶1,253
レタス1,423オレンジ1,620

なぜクコの実にこれだけの抗酸化作用があるのか?
含まれている成分を確認していきましょう!

クコの実の強力な抗酸化成分

  • LBP (クコの実の多糖類)
  • ゼアキサンチンカロテノイド
  • ベタイン
  • ポリフェノール
  • βカロテン
  • ビタミンC

以上にあげた抗酸化成分の中でも
LBP、ゼアキサンチン、ベタイン抗酸化作用
特に強いという事がいわれています。

また、聴き馴染みのあるポリフェノールβカロテンなども
抗酸化作用があるといわれています。

なので、アンチエイジングなどの美容効果が欲しい方は
是非とも摂取してほしい食品
になります。

クコの実の栄養価について

  • ビタミンA (9,000IU)
  • ビタミンB2 (1.3mg)
  • ビタミンC (55mg)
  • カリウム (840mg)
  • マグネシウム (76.5mg)
  • 鉄 (9mg)
  • 亜鉛 (2.7mg)
  • セレン (63.7μg)

クコの実100gあたりの栄養価は以上のとおりになります。

ビタミンA、B2、Cをはじめ
マグネシウム亜鉛、セレンなどのミネラルも豊富に含まれているのが特徴です。

クコの実の副作用と注意点

抗酸化作用を筆頭に様々な効果があるクコの実ですが
一部、注意点があるので確認しておきましょう!

  • ベタインが多いため、妊婦は控える
    抗酸化・抗炎症作用のあるベタインですが
    稀に胎児に悪影響を及ぼす可能性があるみたいなので注意しましょう!

  • 人によってはアレルゲンになる可能性がある
    こちらも稀にですが、一部の人にとってアレルギーを発症してしまう可能性があるので注意が必要です。
    また、過剰摂取もアレルギーを発症してしまう一因になるといわれているので気をつけましょう!!

  • 糖尿病や高血圧の薬と相互作用がある可能性

クコの実の摂取量

最後にクコの実の摂取量を確認しておきましょう。

クコの実1日3〜30gを目安に摂取しましょう。
ちなみにティースプーン1杯が3gくらいです。

また、先述したとおり副作用注意点があるので
常備して毎日食べる必要はありません。

たまに食べる程度にするのがいいでしょう!!

新年特大キャンペーン実施中!!

疑問点やご質問、ご予約につきましては
下記のお問い合わせよりお気軽にご連絡ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA