筋トレ初心者でも知っておくべき『パワー』について①

女性 トレーニング

皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー 岩崎滉矢です。

今回は筋トレ初心者でも知っておくべき
『パワー』についての第一弾をお話していきたいと思います!
アスリートやスポーツをされている方も必見の内容です!!


そもそも『パワー』って??

女性 トレーニング


少し難しい表現になりますが
パワーは単位時間あたりに生み出される仕事量のことをいい
仕事率
ともいわれたりします。

式にすると
仕事量=力×距離となります。
つまり、仕事量とは物体が移動した距離と
それに要した力の積により、エネルギーとして表されます。


少しわかりやすいようにクイズ形式で
考えてみましょう!!

Aさん、Bさんという人が2人いたとします。

Aさんはスクワット60Kgを浅くしゃがんで10回する事が出来ます。
一方、Bさんは同じ重さ60Kgを深くしゃがんで10回する事が出来ます。

2人の違いはしゃがむ深さ(可動域)だけです。
では、どちらの方が仕事量があるといえるでしょうか??
(ヒントは上記の式*)

正解はBさんになります。
仕事量=力×距離となるので
深くしゃがむ事ができるBさんの方が正解となります。

なんとなく仕事量については
わかって頂けたでしょうか??

この仕事量がどういうものなのか?
ということを知らないとパワーについて
理解するのは難しくなります。

『パワー』について考えてみよう!!

男性 ベンチプレス


いよいよ、本題『パワー』について
考えてみましょう!!

先項では『パワー』を知るにあたって
重要なキーワード”仕事量”のお話をしました。

まず初めに、『パワー』を表す
式を知りましょう。

式は
単位時間あたりの仕事量=仕事率
となります。

そこで、キーになってくるのが
”単位時間あたり”
ということです。



今回もイメージしやすいようにクイズ形式で
考えてみましょう!!

例は先ほどと同じ
Aさん、Bさんの2人で重さも回数も同じとします。
(重さは60Kg 回数は10回)

ここからクイズです!

Aさんは60Kg10回のスクワットをおこなうにあたり
1回あたり5秒で重りの上げ下げをおこないました。

Bさんは60Kg10回のスクワットをおこなうにあたり
1回あたり3秒で重りの上げ下げをおこないました。

2人の違いは1回あたりの重さを上げ下げする秒数の違いです。

さて、どちらが『パワー』があるといえるでしょうか??

正解はBさんです。
なぜなら、Bさんの方が単位時間あたりの仕事量が高いからです。

なので、同じ重さでも1回あたりの秒数が短い
Bさんの方がパワーを出している
といえます。

まとめ

女性 ダンベル 筋トレ


  1. パワーは単位時間あたりに生み出される仕事量のことをいい、仕事率ともいわれたりします。

    式にすると
    仕事量=力×距離となります。


    つまり、仕事量とは物体が移動した距離とそれに要した力の積により、エネルギーとして表されます。


  2. 『パワー』を表す式は
    単位時間あたりの仕事量=仕事率
    となり

    そこで、キーになってくるのが”単位時間あたりの仕事量”ということ。

無料カウンセリング実施中!!

ハートボディトレーナー


美ボディ専門ジムで自分史上最高のカラダを目指してみませんか??
お問い合わせはこちらから↓↓


〜私たちの想い〜

ハートボディのロゴ

しっかり食べて痩せる、適切な運動
そして運動を楽しんでもらい習慣化してもらいたい。

ハートボディはいつまでもキレイでい続けたいあなたのためのパーソナルジムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA