筋トレ初心者でも知っておくべき『パワー』について③

ペアトレーニング

皆さん、こんにちは!!
藤沢 鵠沼海岸 の パーソナルジム
「Heart x Body」 パーソナルトレーナー 岩崎滉矢です。

今回は筋トレ初心者でも知っておくべき
『パワー』について第三弾のお話をしていきたいと思います
!!


『パワー』トレーニングの効果について

女性 トレーニング



今回は『パワー』トレーニングの効果について
お話していきたいと思います!

運動初心者はもちろん
アスリート、スポーツをやられている方も
必見の内容になっています。

『パワー』についての前回の記事はこちら⇩


『パワー』トレーニングの3つの効果

女性 腹筋 トレーニング
  1. 神経系の適応
    動きの協調性の向上
     筋収縮を促すインパルス発火頻度の量と頻度の増加


  2. 筋への適応
    TypeⅡb(x) 繊維からTypeⅡa 繊維への変換

  3. 腱・結合組織への適応
    筋収縮によって生まれたエネルギーの伝達効率の向上


パワートレーニングの3つの効果は
以上のような感じになります。

一つ一つ詳しくお話していきますね!!

1. 神経系の適応

筋肥大や筋力の向上が生じる前に神経系の適応が一番速く生じます。

この神経系の適応は
・動きの協調性の向上
・筋収縮を促すインパルス発火頻度の量と頻度の増加

のことで、トレーニング初期の筋力増加に大きく貢献します。

インパルスの増加とは、筋収縮に導入される運動単位が増加し
脳からの指令の増加と捉える事ができます。

また、神経伝達の増加が生じる事で、筋収縮はより爆発的になります。

なので神経系の適応は一番『パワー』トレーニングによって
大切な要素
となります。


2. 筋への適応

筋繊維は3種類に分けられ、TypeⅠ繊維、TypeⅡa繊維、TypeⅡb(x)繊維に分けられます。

パワーの向上を目的とした場合、高強度(1RMの50%以上)で実施するため
TypeⅡ繊維が大きな発達を示します。

そのため、筋力のみでなく、筋発揮(筋の収縮速度)も同時に向上していきます。

1RMとは1回で挙げられる最高重量のことです。
 スクワットの1RMが100Kgの人の場合
 1RM50%は50kgとなります。

基本的にパワーを向上させていくには
TypeⅡa繊維、TypeⅡb(x)のTypeⅡ繊維を発達させていく事が重要
になります。

なので、きちんとしたフォームやそれなりの運動強度に慣れた段階でないと
怪我をするリスクがあるので実施する際は必ず専門家に相談しましょう。

運動初心者の方でも自分には関係ないと思わず
知識として知っておくだけでも後々、活きてくると思います。


3. 腱・結合組織の適応

最後の3つ目である腱・結合組織の適応は
傷害予防の観点で非常に重要です。

トレーニングによって大きさや厚さが変化する、筋が発達すれば
その強さに見合うように腱も硬く強くなっていきます。

腱が強化されると、筋収縮によって生まれたエネルギーの伝達効率が良くなるため
スプリント能力の向上やランニング効率の向上
につながります。

しかし、ひとつ要注意な点があり
腱の適応は筋に比べて発達に時間を要するため
筋の変化が生じているときは傷害発生に注意する必要
があります。

そのため筋量の増加などはゆっくり進めていく必要があり
オフシーズンなどの時間のある時期におこなうのがベストかもしれません!


まとめ

女性 プランク 腹筋


『パワー』トレーニングの効果は以下の3つある。

  1. 神経系の適応
    動きの協調性の向上
     筋収縮を促すインパルス発火頻度の量と頻度の増加


  2. 筋への適応
    TypeⅡb(x) 繊維からTypeⅡa 繊維への変換

  3. 腱・結合組織への適応
    筋収縮によって生まれたエネルギーの伝達効率の向上


無料カウンセリング実施中!!

ハートボディトレーナー


美ボディ専門ジムで自分史上最高のカラダを目指してみませんか??
お問い合わせはこちらから↓↓


〜私たちの想い〜

ハートボディのロゴ

しっかり食べて痩せる、適切な運動
そして運動を楽しんでもらい習慣化してもらいたい。

ハートボディはいつまでもキレイでい続けたいあなたのためのパーソナルジムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA