ダイエット中に食べがち!?ナッツを徹底解説!

こんにちは!
ハートボディの濱野です!

早速ですが、皆さんがダイエットする際によく完食としてナッツを食べている方は多いと思います!

  • 良質な脂質
  • 豊富なビタミン・ミネラル
  • 食物繊維

これらが含まれているからダイエットに最適と世間一般では言われています。

しかし本当にダイエットに最適なのでしょうか?

今回はナッツの

  • PFCバランス
  • ビタミン
  • 微量ミネラル
  • 食物繊維

これらのバランスからみて本当にダイエット中に向いているのかを皆さんにお伝えしていきます!

ナッツのPFCバランス

今回はナッツの代表例であるアーモンドでお話します。

アーモンド120gあたりのカロリーは598kcalあると言われています。
PFCバランスは、タンパク質18.6g、炭水化物19.7g、脂質54.2gとなっています。

これを見て何かを思いませんか?

そうです!脂質が異常に多いのです。またタンパク質もそこまで入っていないかつ炭水化物の量も意外と入っていますよね…

この観点から見るとナッツのPFCバランスはいまいちなのがわかります。

豊富なビタミン・ミネラル

ビタミン・ミネラル|マグネシウム

続いてナッツのビタミン・ミネラルについてです。

ナッツはたしかにビタミン・ミネラルが豊富です。
ミネラル類ではカリウム、カルシウム、マグネシウムなどが豊富に含まれており、
ビタミン類ではビタミンEを中心に多く含まれています!

ビタミン・ミネラルについてまだあまりわからないという方は以下の記事を参考にしてください!

また食物繊維が100g中に約10g入っており、ダイエット中になりがちな便秘を解消してくれます。

このようにビタミン・ミネラルから見たナッツはとても優秀なことがわかります。

ナッツに脂質は本当に良質なのか?

よくメディアなどでナッツの脂質は良いと言われていますが、実は脂肪酸組成を見るとそうでもないかもしれません。

まずナッツに多く含まれているのが一価不飽和脂肪酸ですこれはオレイン酸とも言われております、オリーブオイルなどに多く含まれています。
またカラダに良いと言われているMCTオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸が多いのかと言われるとそうではありません。中鎖脂肪酸を含む飽和脂肪酸は全体の脂肪酸量51.97gに比べて4.13gしか入っていません。
また多価不飽和脂肪酸も全体の脂肪酸量に比べて12.68gとなっておりカラダに良いと言われているオメガ3はかなり少ないです。

こういった点から見て、実はナッツには良質な脂質は含まれているが、その量は微量であることがわかります。

まとめ

これらを踏まえてダイエットにおいてナッツが有効的か判断すると、僕は有効的ではないと思います。

もちろん豊富なビタミン・ミネラルを含んでおり便秘対策にもなりますが、ダイエットにおいて一番大切なのはPFCバランスやカロリーです。これらの観点から見るとどうしても合わなくなってしまい、結果的にカロリーオーバーで痩せることができなくなってしまう可能性が出てきます。

なのでナッツを摂取するのは維持期もしくは増量期に摂取することをおすすめします。

それではまた次回の投稿でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA