熱中症、甘く見てないですか?【熱中症の危険性】

こんにちは!

鵠沼海岸パーソナルジム
ハートボディトレーナーの篠木です

今回は熱中症の危険性についてお話していこうかなと思います。

ここ最近、気温が一気に上がり、熱中症になる人が増えてきています。熱中症のニュースを見たり、聞いたりするのは今年だけでなく毎年この暑い時期になるとありますよね。

夏の時期には良くあることだし、、自分は大丈夫。と思っている方ほど危険かもしれません。熱中症にならないための対策をしっかり取って元気に夏を乗り切りましょう。

熱中症はなぜ起こるのか?

暑いところにいると熱中症になるというイメージを持っている人が多いと思います。ではなぜ、暑いこところにいると熱中症になるのか、それ以外に熱中症にかかりやすい場面とはどんな時なのか。

外の気温が暑い時というのは自ずと体温も高くなっていきます。体温が高くなった時、人の体は優秀で皮膚表面から熱を逃がし、体温を調節する機能があります。

しかし!

外気温がすごい高くなったり、体内で過剰な熱が作り出されるとこの体温調節機能がバカになり、体から熱を逃がすことができなくなってしまうのです。

それにより、大量の汗をかくことで体内の水分塩分が失われ血液の流れを悪くします。これは血圧の低下や筋肉の硬直という症状を引き起こし、熱中症に繋がります。

熱中症の症状は

軽度のものから重度なものまで様々な症状がありますが、主な症状としては頭痛・めまい・体温の上昇や顔の火照り・けいれんなどが挙げられます。

熱中症では三段階に状態が分類されます。

I度. 大量発汗、めまい、筋肉痛、顔の火照り

II度. 頭痛、吐き気、倦怠感

Ⅲ度. 高体温、けいれん、意識障害

Ⅰ度の段階であれば自分自身での対応が可能であるが、II度以降であると医療機関で受診をした方がいいと言われているので、今後そのような症状を発症した場合は無理をせず病院にいきましょう。Ⅲ度の症状では死亡率が10%を超えるとも言われているのでとても危険です。

一番は病院に行くより何よりも症状が出ないように対策をとることが大切です。

どんな時に熱中症になりやすく、どんな予防策があるのか。

熱中症になりやすい(環境)

  • 高温
  • 多湿
  • 風が弱い
  • 熱を発生するものが近くにある

熱中症になりやすい(体・行動)

  • 水分の摂取が少ない
  • 高齢者・乳幼児
  • 病気や障害のある人
  • 肥満傾向の人
  • 激しい運動
  • 普段運動をしていない
  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • 二日酔い

などなど、、

これらの環境や行動が熱中症のリスクを高めているので、当てはまるものがある方は十分に気をつけましょう。

熱中症対策

・水分を補給する

熱中症のリスクを高める一番の要因とも言われるのが水分不足です。夏の暑い時期でなくても水分を摂るのは重要なことですが、特に夏の時期は意識して取らなければいけません。

できれば2ℓくらい取れるといいですが、普段あまり取っていない方はそんなに飲むのは大変なので1ℓくらいを目安に徐々に増やしていきましょう!

・塩分を補給する

水分の補給が大切という話をしましたが、それと同じく塩分の補給がとても大切です。汗をかくことで失われるのは水分だけでなく塩分も失われていきます。

塩分の不足はめまいやふらつきを引き起こすだけでなく、さらなる脱水症状促進してしまう効果もあるため、気をつけなければいけません。

・エアコンを使う

常に暑い環境にいると体温の調節もうまくできなくなり、熱中症になりやすいです。特に高齢の方は温度に対しての感じ方が鈍くなりやすく、室内での熱中症が多いのでエアコンをつけることを意識してあげましょう。

エアコンもつけるだけではなく、温度調節もしなければいけません。もちろん低すぎるのは良くないですが、高い温度でつけていてもあまり意味がないので最低でも27~28度でつけてあげましょう。

・通気性の良い服などを着る

通気性の悪い服などを着ると熱がこもりやすくなってしまいます。特に乳幼児は自分で服を選ぶこともできませんし、体が熱くなってきているということも訴えることもできないので、注意が必要です。

 

・無理な運動を避ける

これは運動をしないようにしましょうという話ではありません。夏でも運動はした方がいいですし、その方が健康にはいいです。

しかし、普段運動をしていない人がいきなり激しめの運動をしたり、頭痛や頭がクラーっとするなどの体の異変があるにも関わらずに運動を行うような無理は避けましょうというお話です。

運動をしていて異変を感じたら、水分塩分の補給をしっかりと行い、涼しいところに避難してあげましょう!

まとめ

水分と塩分の補給をこまめに行い、高温・多湿をできるだけ避けることで熱中症にかからないようにしましょう!熱中症の症状が見られた時は無理をしないことが大切なので、しっかりと休息をとりましょう!

熱中症は誰にでも起こりうる可能性があります。そのことを忘れずに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA