オーガニックにこだわり過ぎないほうが良い理由

皆さんこんにちは!
今回はオーガニック食品にこだわり過ぎては行けない理由についてお話します!

確かにオーガニック食品はとても健康的です。実際に僕も食事をする際は「なるべく」オーガニック食品にしています。なので普通に外食します。
じゃあなぜオーガニックにこだわりすぎると良くないのでしょうか?それについてお話していきます。

こだわり過ぎない方が良い理由

注意

①必要な栄養素が欠乏しやすい

体調不良

この世の食材にはリスクとベネフィットで成り立っています。オーガニック食品に例えると、確かにカラダを除染できて健康的になりますが、一方で三大栄養素や微量栄養素がしっかりオーガニック食品から必要量摂取できるかと言われましたら、それはそれで難しくなってしまいます。逆にオーガニック食品でない農薬を使った野菜やホルモン剤を大量に摂取して育った鶏を食べたら、腸内環境の悪化、発ガンのリスクが高まってしまいます。しかし後者のほうが三大栄養素や微量栄養素は十分に摂取することができるので、その面で健康になりことができます。

このようにオーガニック食品だけ食べるとか農薬や着色料などが多く含まれるものだけ食べるなどにはメリット・デメリットはつきものです。「栄養素」だけで見るとオーガニック食品のみの食事ではかなりきつくなってしまいます。

②お金がかかる

オーガニック食品はなんと言ってもお金がかかります。海外ではどこのスーパーに行ってもオーガニック食品が当たり前の用に販売されているので普通の食品と同じくらいの値段で買えますが、日本のスーパーではあまり見かけませんよね。オーガニック食品専門店などに行かなければ買うことができません。なので希少性が高くなり単価も高くなってしまうのです。僕も1ヶ月間オーガニック生活をしましたが、かなりの費用がかかりました。また夜に仕事が終わってオーガニック食品を買いに行こうとすると買える場所が閉まっていることが多くて何も食べるものがない日もありました。笑

③ストレスがかかる

オーガニック食品にこだわりすぎるとかなりのストレスがかかります。理由としては前項でお話したとおりオーガニック食品に普及が進んでいないため食材を集めるのが難しいというところです。友人と外食する際もオーガニック専門店でないと外食できなかったりするのでオーガニック食品が好きな友達としか外食できないのがデメリットですね。また家族がいる場合、オーガニック食品を理解してくれる家族環境でないと継続するのが難しくなってくるでしょう。

ベストではなくベターで

このようにオーガニック食品だけで生活するのは相当難しいです。特にここ日本ではかなり難しく、相当なお金持ちやオーガニック食品が手軽に買える環境、周りの環境が整っている必要があります。

なのでベストな食事を追い求めるのではなく、ベターな食事を心がける必要があります。
確かに平飼いで良質な餌を食べた鶏から生まれた卵はもちろんカラダにとって健康的です。しかし価格は普通の卵より高くなります。なので平飼い卵を選ぶときもあれば普通の卵を選ぶ日もあっていいでしょう。卵には良質なタンパク質が豊富に含まれておりますし微量栄養素をたくさん入っています。「普通の卵は農薬が入っているから毒だ」と言う方もいます。確かにそうかも知れませんが良質なタンパク質や微量栄養素がしっかり入っている普通の卵が果たして本当に毒なのでしょうか?僕は、毒までは言いすぎかと思います。

大事なのは、食品のこの事実を頭に入れておくことです。どちらもいいところあります。「〇〇が絶対良いんだ」ではなく「〇〇と〇〇どっちも良い」と思うことです。一つの視点だけでなく、色んな角度から見ることで、より健康的な食事をすることができるでしょう!

ぜひベターを目指して生活してみてください。

まとめ

今回はオーガニック食品にこだわりすぎないほうが良い理由についてお話しました。
これはオーガニック食品だけにとどまらず菜食や無糖食の方にも言えます。何事もバランスが大事です。100%良いことしかない食事はありません。100%に近づくためには色んな食品を丁度よくチョイスすることです。

ぜひ色々な食事を楽しんで健康になりましょう!

それではまた次回の投稿でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA