老化の原因はカラダの「酸化」だった?活性酸素を除去して老化を防ごう!

今回は老化の原因とも言われている「酸化」についてご紹介します!
酸化は人間にとってどのような影響をもたらすのか、また酸化をふせぐためには何を気をつけなくてはいけないのか。

これをみて一緒にアンチエイジングしましょう!

YouTube版はこちら↓

酸化とは?

タンパク質 藤沢鵠沼海岸パーソナルジム

酸化とは「カラダの錆」とも言われている通り細胞が金属と同じように錆びてしまうことを言います。
酸化が進むと何が悪いの?と思いますよね!実はカラダが酸化すると

  • 動脈硬化
  • がん
  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 肌の老化
  • シミやシワ

など、これらの原因となると言われているんです…

そしてこの酸化反応は「活性酸素」が原因であると言われています。

活性酸素とは?

私達人間は生きていく上で酸素の利用は必須となります。呼吸によってカラダに取り込まれた酸素の一部は、活性酸素となります。このように人を含めた哺乳類は、取り込んだ酸素の何%が活性酸素に変化すると考えられています。
そんな活性酸素ですが、実はカラダ免疫機能や感染防御に働きかける優秀な存在なんです。しかし、この活性酸素が多すぎてしまうとカラダに悪い影響を及ぼしてしまうのです。
なので活性酸素を安易に除去しようという考えではなく、カラダ酸化から守る「抗酸化機能」を高めて行く必要があります。

活性酸素の発生原因

アルコール

では実際に、どのような行動が活性酸素を多く発生させてカラダを酸化させてしまうのでしょうか?
活性酸素の発生原因は次のようなことが挙げられます。

  • タバコ
  • 紫外線
  • 脂質の過剰摂取
  • アルコール
  • ストレス
  • 激しい運動

これらが原因の一部と言われております。
ではここから「酸化」防ぎ方について具体的にお話していきます!

酸化を防ぐには?

生活習慣を見直す

50代の女性が背伸びする画像

タバコを控える

タバコの煙には活性酸素有害物質が数多く含まれています。喫煙者のみならず受動喫煙によっても活性酸素は発生してしまいます。血液中に入ると、動脈硬化の原因にもなります。完全にやめてしまうとストレスをためてしまう原因にもなりますので少しずつ控えていくことがポイントです。

アルコールを控える

肝臓がアルコールを分解際に活性酸素が発生します。飲む量が多い人は頻度を減らすことから始めましょう!こちらもタバコ同様、完全にやめてしまうとストレスをためてしまう原因にもなりますので。

アルコールについての記事はこちら↓

激しい運動を控える

激しい運動をすると呼吸量が増え、活性酸素が発生しやすくなります。ウォーキングなどの軽めの運動は体の酸化を抑えます。しかし、筋トレでしっかり運動することで筋力アップや糖尿病予防にもなりますので、激しい運動の日と軽い運動の日を作ってあげると良いと思います!

この他にも紫外線を避けたり規則正しい生活を心がけることで活性酸素の発生を抑えることができます。
誰でもできるかんたんなことだと思いますので是非チャレンジしてみてください!

抗酸化作用のある栄養素を摂取する

アーモンド

ビタミンA

主な効果:成長促進、視力維持、皮膚・粘膜の健康維持
よく含まれる食品:緑黄色野菜、卵黄、レバー

ビタミンAは皮膚や目の健康に欠かせない栄養素で、レチノールとβ-カロテンがあります。抗酸化作用のあるのは緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンです。

ビタミンC

主な効果:コラーゲンをつくる、免疫の強化
よく含まれる食品:野菜(生)、果物、芋類

ビタミンCは温度や湿度の影響を受けやすいため、保存中にも失われます。なるべく新鮮なものを早めに頂くと良いです!!

ビタミンE

主な効果:抗酸化作用(体のサビを取る)
よく含まれる食品:植物油、種実類

ビタミンEは体のサビを取り除いてくれることから「若返りビタミン」とも言われております。また油に溶けやすい性質があるため、油を使うと体内に吸収されやすくなります。

ビタミンについてのまとめ記事はこちら↓

まとめ

今回は「酸化」についてお話しました!

生活習慣を変えるだけで酸化は防げますので、皆さん必ず実践してみてください!

老化の原因である「糖化」についての記事もありますので是非参考にしてみてください!

ではまた次の投稿でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA