むくみを解消!

砂糖 ダイエット

こんにちは!

藤沢 鵠沼海岸ハートボディトレーナーの篠木です!

今回はむくみの原因とその解消方法についてお話します!

藤沢鵠沼海岸パーソナルジム ハートボディ ダイエットジム トレーナー篠木

朝起きたら顔がパンパン、、

脚がボテッとして見える、、

なんて経験をされた方も少なくないと思います。

顔や腕、足のむくみを経験したことのある方、今もなお日々悩まされている方、いるのではないでしょうか。

むくみとおさらばした生活を送ったり、せめて大切な日だけでもむくみから解放されたいですよね。そうなるためにもまずはむくみのことを理解して、その原因、対処法を覚えていきましょう!

YouTube版もあります↓

  むくみとは  


むくみとはリンパ管と血管の間に水分が溜まってしまっている状態のことを言います。

  なぜむくむのか?  

では一体なぜ、顔や脚などがむくんでしまうのか。気になりますよね。まず第一にむくむ原因は一つではありません。普段、何気なくしていることがむくみの原因に繋がってきている可能性はとても高いです。今回はその中でも代表的な原因4点を見ていきましょう。

  むくみの原因4点  

1.長い時間同じ体勢でいる

2.衣類などでの締め付け

3.塩分の摂りすぎ

4.食事内容

  ①長い時間同じ体勢でいる  

これは特に下半身のむくみで見られます。

同じ体勢で長時間いると血液の循環が悪くなり、下半身や血流の止まりやすくなっているところに水分が溜まりやすくなってしまいます。

特に同じ姿勢でむくむと聞くと、デスクワークを思い浮かべるのではないでしょか。デスクワークをされている方は下半身の血流が悪くなり、下半身むくみになりやすいです。

そしてあまり知られていないのが、長時間立ち仕事をされている方です。長い時間立っているのも下半身に水分が溜まりやすくなり、むくみに繋がります。

むくみとは水分が細胞外に溜まることによって起きるのですが、下半身むくみの場合は下半身から心臓に血液を送るポンプの力が弱まることによって起こりやすくなります。

なので、下半身の筋力不足もむくみに繋がってしまいます。

ではどうしたら仕事などでずっと座っている、立っている方でもむくみを改善していくことができるのか。

もちろん動き回って仕事をすることはできないので、姿勢をこまめに変えてあげることが大切です。座り仕事の方であれば立って少し歩いてあげる、立ち仕事の方は座って脚を少し上げてあげるなど血液の流れを良くしてあげることが重要です。

それも難しい方やまだむくみが気になる方などは、家に帰ってから軽くマッサージしてあげるだけでも改善されていきます。

  ②衣類などでの締め付け  

衣類によるあ締め付けで起きるむくみも長時間同じ体制でいることでのむくみと原理はほぼ同じです。

衣類での締め付けにより血液循環が悪くなってしまいます。それにより水分が溜まりむくみに繋がってしまいます。

これは服だけでなく、靴などでも言えることです。たまにきつめの服や靴などを我慢して履くこともあるとは思いますが、むくみの面から見るとあまりオススメはできません。

しかし、ファッションが好きな方や大切な時などには窮屈な服を着たりもすることもあると思います。その時は家に帰って、お風呂に入った後にマッサージをするなど、血流を良くしてあげましょう。

  ③塩分の摂りすぎ  

塩分の摂りすぎでむくむというのはよく聞くと思いますが、実際どのような理由でむくんでしまうのかお話していきます。

塩分を摂りすぎると体の中の塩分濃度が高くなり、その塩分濃度を薄めようとして水分を溜め込みます、それによってむくんでしまうのです。

特に塩分の摂りすぎの場合は目の周りや顔にむくみが出やすいと言われています。

ではどうしたらむくまないのか。

一つはそのままですが、塩分を控えてあげるということです。

今、目標とされている一日の食塩摂取量は男性7.5g未満、女性6.5g未満です。しかし、実際の一日摂取平均は9.9gと目標よりも多いことがわかります。

特にインスタント食品や加工食品を毎日のように食べいる方、ラーメンの汁を飲み干す方などは食塩摂取量が多くなってしまっている可能性が高いです。

ほとんどの方が塩分の摂りすぎになっているので少しでも意識してみるとそれだけでも変わっていきます。

毎日でなくても、この日だけはむくみたくないという日の前の日だけでも控えてあげるといいですよ。

もう一つの方法はカリウムを取ることです。

カリウムは尿として塩分を排出してくれる役割があるので、むくみ対策として良い役割を果たしてくれます。

なので、塩分を摂りすぎた日はカリウムも摂ると良いでしょう。

カリウムを含む食べ物にはアボガド・バナナ・キウイフルーツ・イチゴ・芋類などがあります。

  ④食事内容  

塩分以外にも食事がむくみの原因になっていることがあります。

まずは過度なダイエットです。食事制限をすると必要な栄養素が足りなくなり水分調節がうまくできなくなってしまいむくんでしまいます。

他にはよく言われているアルコールです。アルコールを摂取しすぎると血管から水分が細胞外に流れ出し、むくみの原因となってしまいます。

食事制限はむくみだけでなく、体調不良の原因にもなるのでオススメはできません。

上記以外にも女性は生理の時にホルモンバランスが崩れむくみやすくなってしまいますが、食事をバランスよく取ること、運動やマッサージをすることなど基本は変わらないので気になる方は実践してみてください!

むくみを撃退して理想の体を目指しましょう!

むくみのお話でした。

次回もお楽しみに‼︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA