TRXは何がすごいの?

こんにちは!

鵠沼海岸パーソナルジム
ハートボディトレーナーの篠木です!

何年か前から話題となって現在多くのスポーツ選手もトレーニングに取り入れているの「TRX」を知っているでしょうか。紐のようなものを使ってトレーニングをするやつでしょ、となんとなくは知っていても、実際どんなものでそれを使うことでどんな効果があるのかということを知らない人は多いのではないでしょうか。

そんな「TRX」について今回はお話をしていこうと思います。

1.TRXって何?

まずはじめに「TRX」とはなんぞやというお話ですよね。

「TRX」とは厳密にいうと組織の名前であり、「TRX」と聞いて思い浮かべるあの紐はサスペンショントレーナーと言います。そのサスペンショントレーナーを使ってトレーニングすることを「TRXサスペンショントレーニング」「TRXトレーニング」などと呼びますが、名前が長いのでここからは総称して「TRX」と呼んでいきます。

もともと「TRX」は米国海軍特殊部隊(NAVY SEAL)の司令官であったランディ・へトリックが、隊員および自身が、任務を確実に遂行できるよう、体力、コンディションを維持するために開発したトレーニングシステムです。へトリックは軍を退役後、このシステムが第一線で活動する軍隊やトップアスリートだけでなく、すべての人に応用できることに気づき、MBA(経営学修士)を取得し、2004年に会社を設立。革新的な製品と、トレーナー向けの教育、多様なプログラムの提供を通して、TRXトレーニングは世界80か国以上の国々で、トップアスリートからフィットネス初心者、子供からお年寄りまで様々な人々に利用されるまでになっています。(※「TRX」公式サイトから引用)

今ではトップアスリートからトレーニング初心者まで幅広く使われている「TRX」がもともと米国海軍特殊部隊で作られたと考えるとすごいことですね。

2.TRXの何がいいの?

体幹を鍛えることができる

「TRX」は上記の通り、もともとは体力やコンディションを維持するために開発されたトレーニングツールなのですが、最近では体幹を鍛えることができるものとして使われることが多いです。

もちろん体力やコンディションを維持したりするという用途で使うこともありますが、一番はなんといっても体幹です。体幹を鍛えることで体の軸などがしっかりしてくるため、トップアスリートでも愛用している人がいるのです。

日常生活やスポーツに役立つ

「TRX」は基本的に全身を安定させながら動いたり、全身を使って動いていくことが多いです。そのため日常生活やスポーツで役に立ちやすい筋肉をつけることができます。

普通の筋力トレーニングは基本的にどこかの部位に特化させ鍛えていくことが多いです。そのため筋肉を発達させつけていくことには特化していますが、機能という面で考えるとあまり特化しているとは言えません。

それに比べ「TRX」は筋肉を発達させていくという点においては特化していませんが、体を連動させ、うまく動かしていくとうこと点においては特化しているトレーニングになります。

このように同じトレーニングといっても用途が違うため、使い分けると良いでしょう。健康を考え生活していくということを考えるとどちらも重要なトレーニングなのでうまく織り交ぜながら行っていけるのが理想と言えます。

3.どんな人にオススメか

まず一つ目は運動能力を向上させたい人です。

これは何もアスリートの人だけを指しているわけではありません。趣味で何かのスポーツをしていてもう少し上手になりたいと思っている人にも当てはまります。体幹が安定してきて、なおかつ体をうまく使えるようになると今までよりも数倍のパフォーマンス向上が狙えるため、スポーツをしている人にはオススメです。

二つ目は健康に生活していたい人になります。

正直、ほぼ全ての人が当てはまるのではないのかと思いますが、体幹が安定して体を思うようにコントロールできるようになると怪我などをするリスクがとても減ってきます。特に年齢を重ねていくと骨なども弱くなっていき一度の怪我で取り返しのつかないことになってしまうことなどもあります。

そうならないためにも怪我のリスクを下げるべく、自分の体コントロールするということが大切になってくるのです。

4.まとめ

「TRX」のような機能面を上げていくようなトレーニングも単純に筋肉をつけていくトレーニングも優劣をつけられないくらい大切なことです。普段、筋力トレーニングをメインに行っている人は「TRX」のようなトレーニングを、「TRX」のようなトレーニングをメインに行っている人は筋力トレーニングを行ってあげるといいのではと思います。

運動を普段されていない人はどんな運動でもいいので体を動かすことから始めていけるといいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA