足が痺れることはありませんか?

こんにちは!

鵠沼海岸パーソナルジム
ハートボディトレーナーの篠木です!

最近、足の痺れや痛みを感じることがある。そんな方はいませんか。

もしかしたら坐骨神経痛かもしれません。

1.坐骨神経痛とは

まず坐骨神経という神経が腰から足先にかけて伸びています。この神経はお尻あたりから表面へと出てくるのですが、この神経が圧迫や伸ばされることで痛みを伴う症状を坐骨神経痛と呼びます。

特に40代以降に現れやすく、体の柔軟性が失われていくことで発症しやすくなります。

2.原因

坐骨神経痛はもともとお尻の筋肉が神経が圧迫されることで起こっている言われていましたが、最近は神経が引っ張られ伸びることによって起きていると言われています。

引っ張られる原因の一つと言われているのが姿勢です。

特に反り腰の姿勢が坐骨神経を引っ張ってしまい、坐骨神経痛を引き起こしやすいです。

3.その他原因

今回は姿勢を主な原因として見ていきますが、その他にも坐骨神経痛を引き起こす原因があります。」

椎間板ヘルニア
背骨の骨と骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨が変形して、組織の一部が飛び出してしまいます。

この飛び出した組織の一部が神経を圧迫し、腰や足に痺れや痛みを引き起こします。

脊柱管狭窄症
背骨が変形することで脊柱管が狭くなり、それにより神経を圧迫し、痛みなどの症状を引き起こします。

4.痺れ・痛みをなくすには

先ほどもお話したように反り腰が原因になっていることが多いです。反り腰になるとお尻が出て、股関節が内側に入ってしまうことによって坐骨神経が引っ張られ痛みなどの症状を引き起こします。

反り腰を直していくことで坐骨神経が引っ張られることがなくなっていくので坐骨神経痛自体も解消されていきます。

反り腰を解消していくにはその姿勢を作っている原因となっている筋肉にストレッチをかけ、動きをよくしていくことが必要となってきます。

5.反り腰解消の二つの筋肉

内転筋

内転筋に硬さがあることで股関節が内側に入りやすくなってしまいます。

大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋はあまり聞き馴染みのない筋肉かと思いますが骨盤から膝にかけて伸びている筋肉になります。

この筋肉の動きが悪いとお尻が出てさらに股関節が内側に入りやすくなってしまいます。

 

そのため、この二つの筋肉をストレッチして反り腰を解消していくことで坐骨神経が引っ張られなくなり、坐骨神経痛が和らいでいきます。ストレッチは継続して行っていくことがとても重要なので毎日少しでも行ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA